上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の3連休 運動会、帰省、悪天候で釣りは出来ず
23日は同僚のO君とアオリ狙い
25日は飲み会明けの二日酔い(予定)
30日は村のクリーン作戦
気が付けば渓流シーズン終了と相成りました
8月から始めた「鮎」も不完全燃焼のまま終了です
来年3月1日の解禁日までの辛い5ヶ月間の始まりでもあります
振り返れば今年は「大残雪」「親父入院」「ゲリラ豪雨&渇水」と不発の年でありました

こうなれば「アオリイカ」だ~
23日の「伊根」を皮切りに、西は新温泉町から東は舞鶴までを股に掛け、釣りまくっちゃうぞ~
次回は素晴らしい景色と良い釣果をアップしますね

スポンサーサイト
久しぶりの更新です
と、言うのも最近は「鮎釣り」ばかりに出かけていまして・・・
しかし、釣果が無くてブログ更新・・・と言う気にもなれず

そこで今日はA.M.3:00に出発 
A.M.4:00からエギング開始
先日購入した2.0号のピンク金腹に第一投からヒット
そこから三杯目までは連続ヒット
「今日は楽しい~やっぱ釣れると楽しい~
夜が明けたA.M.5:00以降も集中が切れない程度にヒットし、気が付けばもうA.M.6:00
CIMG0940.jpg

CIMG0942.jpg

さあ、次は「鮎釣りだ~!!」
先日入川した場所を見に行くと・・・ 
「濁ってる」昨日の大雨の影響。水量は豊富だがまだ水が澄んでいない
これでは鮎も動きません

じゃあ上流で山女魚だ~!!」
ちょっと戻って釣具屋で「ブドウ虫」をゲット
上流部に向けてアクセル全開(法定速度で)
なじみのポイントに着くと「誰もいない。良かった~」
そう、渓流釣りは場所取りも重要なのです
釣り初めはチビばかりが遊んでくれましたが、ここぞっ!と言う場所には大物が潜んでいました
約1ヶ月ぶりの渓流釣り。やっぱり楽しい!!
3時間ほど楽しんで、27cmを筆頭に26cm2匹を含む12匹が釣れました
もう秋ですね 30日までに尺上を狙っちゃいますよ
CIMG0944.jpg
午前4時半、友人のT君といざ「岸〇川へ」
約1ヶ月ぶりの釣り。しかも今日は念願の“鮎つり”初挑戦とあって気合充分です
午前はいつもの渓流釣り
苦戦しましたが、24cmをゲット。タフな引きを楽しみました

CIMG0938.jpg
元気な山女魚ちゃん達
早めの昼食をとり、今度は“鮎つり”のメッカ「矢〇川」に移動です
渓相や釣り人を見ながら、おとり鮎を買いに行きます
おとり3匹と入川券を買いながら、お店の大将にどのポイントが良いか情報収集
教えてもらったポイントは「香〇〇の工場下」。実は小生とT君が目をつけていたポイントでした
そうと決まればいざ出陣
買ってきた仕掛けを着け、おとり鮎の鼻に「鼻カン」を・・・
え~っ、意外と難しい。あれこれしているうちにおとり鮎は・・・。弱ってます
これではおとりになりません。2匹目の鮎を慎重に着けまして今度こそ!!
CIMG0934.jpg
真ん中にT君がいますよ
2時間粘って、小生の釣果は“ゼロ”
しかし、T君はまだ粘っています
小生が着替えてから何分たったでしょうか・・・。突然、川から声がしました
「掛かった~っ!!」
ついにT君の竿に待望の“鮎”が・・・
慣れない手つきでタモに収めたその姿は・・・
CIMG0939.jpg
きれいな天然鮎です
21cmくらいの清流の女王が光ってました
結局、2人で釣果は1尾でしたが、久しぶりに「ドキドキ・わくわく」した一日でした
仕上げの「温泉」でリベンジを誓って帰宅しました
小生、本日A.M.3:00起床
早朝のサッカー中継を見ていましたが、何だかソワソワ
A.M.4:30 行っちゃお~っ!!


と、いう事で「お師匠様」とは来れませんでしたが、一人で来ちゃいました「岸〇川」
CIMG0911.jpg
緑と青のコントラストが良いでしょ!!
かなり渇水気味で、最初の入渓ポイントではチビ山女魚が5匹
もちろんリリースです

気を取り直して次のお馴染みポイントへ・・・CIMG0912.jpg
水量少なっ
少し深い場所を中心に流すと、流心脇で必ずヒット!ただし、チビが多い

A.M.8:00 めっちゃ暑いっ

途中から汗が出なくなり、脱水症状一歩手前
やっとの思いで釣り上げた成果は6匹でした
CIMG0913.jpg
汗と涙の結晶

デブには厳しい季節の到来です
季節外れの台風が迫ってます
子供たちは給食を食べたらすぐに集団下校だったみたいです

小生はと申しますと、相変わらず毎日お仕事
そろそろ体も心もお疲れモードに突入です
しかし、そうは言ってられないのが大人の事情 次の釣行を妄想しながら、騙し々ガンバルしかありませんね

こんなハードな日々の後は、年に1~2度行く大山の麓の「き〇え川」に行こうかな
この川では中国地方にしか生息しないと言う「ゴギ」が釣れるのです
また、苔生した岩が佇む風景は「木霊の森」を彷彿とさせます

って偉そうなことを言ってますが、小生、この川ではまだ岩魚2匹と「ミニゴギ」1匹しかお目にかかっていませんが・・・

言い訳がましいかもしれませんが実はこの「き〇え川」、釣行するだけで癒される不思議な川なんですよ

弟子の「Tくん」誘って絶対いくぞ!!
もちろん帰りの温泉 で癒し倍増です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。